芙逢衆掲示板

19022
芙逢衆掲示板

受け得の対局日記3 - uketoku

2016/12/11 (Sun) 06:46:45

おはようございます

f03qboy4 さんの謹賀新年投稿から1年が経とうとしてます。
久しぶりに掲示板を開いてみました。
ずいぶん昔に指した角換わりの将棋ですが、ご意見いただけるとうれしいです。
「将棋は、良い手を指した方が勝つのではなく、悪い手を指した方が負ける」のですよね。
お相手の方に、序盤良くない手があったのでしょう。
お相手の方の悪手、疑問手、私の疑問手などご指摘ください。
よろしくお願いします。

先手:受け得
後手:J氏

▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △8四歩 ▲7八金 △8五歩
▲2二角成 △同 銀 ▲8八銀 △3二金 ▲7七銀 △3三銀
▲3八銀 △5二金 ▲6八玉 △4四歩 ▲5八金 △4三金右
▲2五歩 △1四歩 ▲1六歩 △6二銀 ▲2七銀 △4一玉
▲2六銀 △7四歩 ▲1五歩 △同 歩 ▲同 銀 △1三歩
▲2四歩 △同 歩 ▲同 銀 △同 銀 ▲同 飛 △2三歩
▲2八飛 △9四歩 ▲2二歩 △3三桂 ▲2一歩成 △7三銀
▲6一角 △6二飛 ▲4三角成 △同 金 ▲2三飛成 △4二金
▲2二龍 △5二玉 ▲3一龍 △4一銀 ▲2二と △5四角
▲2四歩 △6四銀 ▲2三歩成 △7五歩 ▲同 歩 △7二飛
▲3二と上 △7五銀 ▲4二と △6二玉 ▲8三銀 △7三飛
▲7四金 △6五角 ▲6一金
まで69手で先手の勝ち

Re: 受け得の対局日記3 - zacchi

2017/01/08 (Sun) 02:30:38

お久しぶりです。

13手目▲3八銀からの棒銀の構想が、
30手目△1三歩の局面となって見事に炸裂しています。
38手目△9四歩は後手かなり苦しい感じがします。
39手目▲2二歩は素晴らしい着想です。ここで、▲9六歩と指すようでは△9四歩の相手をしているようで、いまいち(私なら、▲9六歩を指していそうw)。
41手目▲2一歩成で、はっきり先手優勢。

さて、どこで差がついたのでしょうねぇ・・・私の見解では30手目、棒銀相手に普通は取ってはいけないと言われていますが、やっぱり△同香と指すのが、苦しいながらも角を持っているので銀を取って色々ありそうな気がするのですが、いかがでしょうか?

何はともあれ、棒銀の構想が素晴らしい1局でした。

Re: 受け得の対局日記3 - uketoku

2017/01/24 (Tue) 20:22:43

zacchi さん、こんばんは

投稿していてくださってたのですね、ありがとうございます。
返すのが遅くなり申し訳ありません。
今回、zacchi さんが書き込みくださった内容をよく考えてみました。

6手目△8五歩の意味。
当然、次に△8六歩からの1歩交換を目指したものですね。
代えて、△3二金とすれば横歩取りになり、△8八角成なら一手損角換わりですね。
横歩取りではなく先手から角を換えて欲しいということなのでしょうか。
7手目▲2二角成。
私は角換わりの戦型にしたと思っていたので、こちらから角を換えました。

>30手目、棒銀相手に普通は取ってはいけないと言われていますが、
「普通は取ってはいけない」のですか?
初めて聞きました。
棒銀の定跡の常識として、△1五同香その一手だと思っていました。
本譜は△1三歩としたために▲2四歩からの銀交換が叶いました。
よく言われる攻めの銀と守りの銀との交換に成功した先手は満足ですね。
しかも37図では、駒割りは5分ですが、先手の駒台に2歩載ったのはとても大きいと思います。

38手目△9四歩の意味。
37図(37手目の局面)、両者にとって作戦の岐路だと思われます。
この手を私は緩手と見ました。
次の▲2二歩が習いある手筋だというのを知っていれば、代えて△3一玉だったでしょうか。
47図を迎えて、私はこの将棋は負けないと思いました。
きっとこの局面に至る前に、後手に大きなミスがあったのかと思われます。
ありがとうございました。

追伸 - uketoku

2017/01/28 (Sat) 08:02:44

zacchi さん、おはようございます

棋譜検索かけましたが、最近は指されてないのですか?
私も対局はトンとご無沙汰です。
zacchi さんは三間飛車を得意とされていたのでしたね。
どうです?
稽古将棋でもしませんか?
私は三間飛車がとても苦手でいつもコテンパンにやられます。
苦手意識を少しでも緩和するためにひとつ教えてください。
いいお返事待ってます。

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.